虫歯になりやすい人の共通点

1. ミュータンス菌の数が多い
ミュータンス菌はむし歯の元といわれる歯垢を作り出します。
この菌が多い人はむし歯になりやすく、とくに母親から子供に感染する傾向があるようです。

2. ラクトバチルス菌の数が多い
この菌は砂糖と結合し強い酸を作り出します。
ミュータンス菌と同様に、この菌が多いとむし歯になりやすいと言えます。

3. 飲食の回数が多い
飲食するたび歯垢は酸性に傾きます。
間食が多い人は口の中が酸性になる時間が長くむし歯になりやすいと言えます。

4. 歯垢の蓄積量が多い
歯並びが悪かったり歯周ポケットが深い人は、歯垢がたまりやすい傾向にあります。
歯磨きの回数が少なかったり、ブラッシングが不十分であると歯垢が残り、様々な細菌と結びつきむし歯の原因となります。

ミュータンス菌とラクトバチルス菌の数が多いか少ないかは、唾液検査(サリバテスト)でわかります。
私はまだ検査したことがありませんが、一度やっておくと自分の体質が分かっていいかもしれませんね。

一般的にむし歯になりやすい人は、飲食の回数が多いはずです。
キャンディやチョコレート、清涼飲料水を常に食べていれば勿論むし歯のリスクも高まります。

私は子供の頃にむし歯が多かったのですが、思い返すとやはり甘い飲み物をたくさん飲んでいました。
冷蔵庫に入っていれば、親の目を盗んででも飲んでしまいます。
子供は自制がきかないので、親がしっかりしつけをすることが大切だと思います。
むし歯=生活習慣の乱れ、と言っても過言ではありません。

むし歯になるのは簡単ですが、健康な歯は二度と取り戻せません。
年齢を重ねるほど、健康な歯の大切さが実感できるようになります。
社会に出ると、口の問題で悩んでいるひとをたくさん見かけます。

子供の頃からブラッシングの習慣を定着させ、食事を正し、自信を持って笑えるようになりましょう!


歯の外面にくっついてしまった歯石や歯垢等を取り除く処置を総称してクリーニングと言いますが、前述した歯石と歯垢などは痛い虫歯の誘発事項となる存在です。
いまでは医療の技術が一気に飛躍し、針の無い注射器や各種レーザー治療器を利用する事により、大分痛みを軽くすることのできる「無痛治療」という治療方法が開発されているのです。
診療用の機材等のハード面において、現代の高齢化社会から請われている歯科医師による訪問歯科診療の責任を果たす事が可能な段階に到達しているということが言っても問題ないと思います。
あなたもご存知の通り口内の唾液は酸っぱそうなものや、美味しそうな物を目にするだけで自然に分泌されるものですが、虫歯や歯周病などの病気を阻むのに役立つのが前述した唾液なのです。
口臭の有無を一緒に暮らす家族にさえ尋ねることのできない人は極めて多いことでしょう。そんな時は、口臭対策の外来を探して口臭専門治療を受けることをお薦めします。


上顎と下顎の歯のかみあわせの異常のなかでも殊に前歯がよく衝突する場合だと、歯を噛みあわせる毎に力が上の顎の骨の前や鼻の骨に特にかかってきます。
下部と比較して上部の親知らずは麻酔の実効性が上がるため歯を抜くときも鈍痛が伴うという場合が少なく痛みを避けたい人であったとしても、手術は比較的簡単にできるのです。
口の中の唾液はいかにも酸味の強そうな物や、おいしそうに見えるものを目にしただけで自然に分泌されますが、むし歯や歯ぐきの歯周病を食い止めるのに効果があるのが唾液です。
ムシ歯のきっかけはミュータンス菌として研究されている原因菌による作用によるものです。口の中にムシ歯菌が出現したら、その虫歯菌を無くすのは特に困難な事なのです
上下の歯の噛み合わせの相談の中でも殊に前歯がよくぶつかる症例では、噛みあわせる毎に衝撃が上顎骨の前や鼻の骨に集中します。

上部の親知らずは下部に比べて麻酔による効用が高いため歯を抜く時も鈍痛を感じるという例が少なく、痛さを感じやすい方だとしても手術はたやすく為されます。
歯科衛生士が在宅での医療で期待されているのは、まずは患者さんの口の中を掃除して清潔にすることです。患者の口のなかが汚れている状態だと、菌が繁殖している不衛生なカスそのものを飲み下すことになりかねません。
仮歯を付ければ、ルックスがナチュラルで食事や会話等にも悩みません。更に仮歯があることによって、まだ治療中の歯が被害を受けたり歯列が乱れたりすることはないのです。
ある研究の結果、顎関節症という自覚症状に気づかない人でも、3割~4割の人が口を開く場合にこれに等しい奇怪な音がすることを気にしていたようです。
義歯に対して描かれるマイナスイメージや偏見は、自らの歯牙との使い心地の差を対比させるために期せずして大きくなってしまうと考察されます。

歯科衛生士による在宅での医療で欠かせないのは、先に患者の口の中をきれいな状態にすることです。口腔内が不潔だと、雑菌が増殖している不衛生なカスをそのまま飲み下すかもしれません。
口腔内が乾くドライマウスは、ストレスが主因で見られるようになることも珍しくないため、これから後の将来では、忙しく働く男性にも症状が出る危険性はかなりあるのです。
ムシ歯の理由は、ミュータンス菌と呼ばれる菌が起こす作用によるものです。一旦口腔内にムシ歯菌が出現したら、その菌を除去する事は思ったよりも困難な事なのです
人間の歯牙の表層の硬いエナメル質の真下の部分から、口腔内酸性の度合いが低くなりペーハー(PH)が5.5から5.7より低下すると、リンやカルシウムが溶出してしまいます。
厄介な歯肉炎を発症してしまうと、毎日の歯のブラッシングの時、林檎等を齧りついたとき、歯グキからの出血があったり、歯茎がなんだかむずむずするなどのこういったトラブルが発生するようになります。

口腔外科というところは、その特徴として、顎口腔の機能改善を中心として据えているので、内科寄りの処置やストレス障害などに至るほど、診察する項目はとても広くあるのです。
口腔内の乾燥、歯周病、また義歯を使うことで発生する口腔内の臭いなど、年を取ることと口臭の関わりには、大層たくさんの根拠が絡んでいるようです。
ムシ歯がきっかけの知覚過敏は、ムシ歯は意外なほど悪化していると見做され、歯の痛さも連続してしまいますが、そうでない際は、短期間の訴えで収まることが予想されます。
針のない無針注射器(シリジェット)と様々なレーザー治療器を両方使用して治療すると、虫歯も口内炎も、あの不快な痛みをまずもたらさずに施術が可能なのです。
口腔内に口内炎が発症する遠因は、ビタミンが足りないのがそれのなかの一つなのは確かですが、必要なビタミン類は気軽に摂れるサプリメントや、薬局でも手に入る医薬品の飲み薬としても数多く販売されています。

甘い物を食べすぎてしまったり、歯磨きをなまけると、歯周病を招く菌が蔓延し、プラークが繁殖してしまい、その結果として歯肉炎ができてしまうと公表されています。
ホワイトニングの施術をしなくても、歯のヒビをそのままにしておくと、象牙質が傷ついてしまい、呼吸時の空気や冷たい食物が当たるだけで痛みを伴うことがあるとされています。
歯を削って白くするために研磨剤が入っている練りハミガキは、どちらかというと消極的な作用ですが、もう一度歯が石灰化するのを助けるのは意義のある効力となります。
大人同様、子どもの口角炎にもいろいろな病因が推測されます。とくに目立つのは、食べ物の好き嫌いと細菌に集まっています。
永久歯は一般的には、32本生えてきますが、たまに、永久歯の揃う時期が来ても、一部の永久歯が、どういうわけか生えてくる気配のない状態があり得ます。