歯が変色する原因と歯の漂白

歯に色がつく原因は色々あります。

  1. 年をとると歯は自然に色が濃くなっていきます
  2. 食べ物で色の付きやすい食べ物を摂っているとき
  3. 歯の神経を取ったとき
  4. 子供の頃の歯が生えるときに歯に着色する薬を飲んだり、高熱を出したために歯がうまくできなかったとき

生えたばかりの歯はかなり白い歯です。それが大人になり、年をとるにつれ、黄色みを帯びてきます。これは歯の構造によるもので、歯の表面は半透明のエナメル質で覆われています。その下に、象牙質という黄色い層があります。
象牙質の色は、だれでも加齢によりだんだん濃くなってきます。一方、エナメル質は少しずつ薄くなっていきます。その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透け、黄色っぽく見えるようになってくるのです。年齢とともに色が濃くなってきた歯はホワイトニングで白くすることができます。

食べ物で色の付きやすい食べ物を摂っているとき
歯に色がつきやすいのはまず、紅茶、日本茶、コーヒー、ウーロン茶などの茶類。茶渋がコーヒーカップや湯飲み茶碗につくのと同じです。ほかには、赤ワインやコーラ、ブドウ、ブルーベリー、木いちご、カレーなど、色の濃い食材の多くは、歯に着色しやすいという特徴があります。タバコのヤニも歯が変色する大きな原因です。喫煙する習慣のある人は、ない人に比べて、歯が黄色っぽくなりやすいといわれています。
これは歯の表面にだけついた着色と、歯が虫歯菌の酸などで溶けてその後再石灰化するときに、歯に色素がしみこんでしまって付いた着色とにわかれます。
歯の表面についた汚れはクリーニングをすることで取ることができますし、歯と歯の間の取れにくい部分も特殊な道具(PMTCの器具)を使うことによって取ることができます。歯に取り込まれた色素もホワイトニングで白くすることができます。

神経をとると歯の色がかわります
虫歯の治療で神経を抜いてしまった場合、時間がたつにつれ、歯が内側から茶色に変色してくることがあります。これは、歯の中にある歯髄(神経や血管)をとるときに、血液が少量残り、血液の中の色素が時間とともに表面に出てきて歯の色が変わってくるのです。また、歯髄をとると象牙質に栄養が届かなくなることにもよります。例えば木を切ると徐々に色が変わるように歯の色も歯髄をとったあと変色してくるのです。
この場合表からのホワイトニングと同時に歯の内面からもホワイトニングを行います。神経をとった後は空洞になっていますので、高濃度の過酸化水素をホウ酸とまぜて詰めることで歯は漂白されます。歯の内面からのホワイトニングをウォーキングブリーチといいます。

子供の頃歯ができるとき、歯に着色する薬を飲んだり、高熱を出して歯がうまくできなかったとき
たとえば、永久歯が形づくられる7歳ごろまでの幼児期に、テトラサイクリンという抗生物質をのんでいたときなどにおきます。症状としては、歯肉と歯の境目の部分が、帯状に茶色く変色したり、歯の表面全体が褐色色になったりします。
ホワイトニングは歯全体を白くしてゆきます。このように歯に色の濃淡がある場合とても難しいケースがあります。色が全体に濃いうちはあまり目立たなかった縞模様が、ホワイトニングをすることによって、かえってはっきりしてしまうことがあります。ホワイトニングにはいろいろな方法があります。このようなケースはホワイトニングをするまえに歯科医師と十分に話し合ってから行いましょう。

このところ歯周病の元凶を取り去る事や、原因となる菌に冒されたエリアを洗浄することで、組織の新しい再生が可能な治療術が完成しました。
例え成人になったとしても永久歯はむし歯にかかってしまいますが、その性質上乳歯は永久歯に比べ酸への耐性が頼りないため、歯みがきを適当にすると、乳歯の虫歯はあっさり大きくなります。
歯の持つカラーとは自然な状態で純粋な白色では無い事が多く、人によって差はありますが大体の歯の持つカラーは黄色寄りだったり茶色っぽい系統に着色しているようです。
口腔外科というところは、その性質として、顎口腔機能の処置を主な目的としているために、内科の治療やストレス障害等に及ぶほど、担当する範疇は大変広く内在しているのです。
当の本人が知らず知らずの内に歯にはヒビが潜んでいるというケースも想定されるため、ホワイトニング処置をする折には納得いくまで診てもらうことが大事です。


自分の口の臭いについて家族にさえ問うことのできない人は大変多いと思われます。そういう場合こそ、口臭対策外来で相談して口臭の専門治療を行う事を提言します。
むし歯は、むし歯の原因菌が歯をとかす素早さに、再び歯を石灰化する作用(溶けてしまった歯を元の状態に戻す現象)のピッチが遅くなるとできます。ホワイトニング治療で人気が高い歯科医さんなら、大阪梅田駅からも15分ほどで到着できるミント歯科が一番です。最先端のホワイトニング治療技術は一級品です。
数が少ない口腔外科とはむし歯や歯槽膿漏あるいは義歯の処置はもちろんのこと、口のなかに発症してしまうバラエティに富んだ課題に即した診療科目の一つなのです。
日頃の歯を磨くことを入念に実践していれば、この3DSのためにむし歯の原因菌の除去状態が、少なくとも4ヶ月から半年くらいキープできるようです。
下部と比較して上部の親知らずは麻酔による効用が高いため抜歯の時もほとんど痛さが伴うという場合が少なく痛さを感じやすい方であっても、手術は容易に行われます。


毎日の歯のブラッシングをきちんとやっていれば、この3DSが効いて虫歯の原因菌の減った状態が、少なくとも約4ヶ月~半年長持ちするようです。
歯垢の事をあなたはどれくらいご存知ですか?テレビやCM等でもしょっちゅう流れる言葉ですので、初めて聞く、などと言う事はほぼないのではないかと思われます。
歯のレーザー治療ではムシ歯菌をレーザー照射によって消してしまい、それのみか歯の表層の硬度を増し、繰り返しやすい虫歯になる確率を低くする事ができます。
仮歯が入ったならば、見た感じも不自然ではなくて会話や食事などの日常生活にも戸惑いません。その上仮歯がある事で、治療を受けている歯が壊れたり歯列が歪んだりする事がないと言えます。
口の開閉が起こす筋肉の緊張を改善し、曲がってしまった顎関節の奥の方を正常に治す運動を実践したり、顎関節の動作をより改良するリハビリをやってみましょう。

口腔内の状況と同様に、あらゆる部分の容態も忘れずに、信頼できる歯科医師と十分打ち合わせをしてから、インプラントを依頼するようにしましょう。
いつのまにか歯に付いてしまう歯石は、プラークと質が違い硬質なため、毎日の歯のブラッシングで取ることがやっかいになるだけではなく、快い細菌の増えやすい家となって、歯周病を進行させます。
歯科の訪問診療の事例では、該当処置が終わった後も口腔ケアをしに、定期的に何回かお世話になっている衛生士が、伺う事が何度もあり得ます。
是非心がけてほしいのは虫歯の成因となる虫歯菌や歯周病菌を赤ん坊に寄せ付けないためにも、祝言を寸前に控えた女性の方は虫歯の治癒は、しっかりとやり遂げておく必要があるといえます。
ムシ歯になる理由は、ミュータンス菌という名前の付いた大元の菌による感染によるものです。口腔内にムシ歯菌が現れてしまったら、それをすべて無くすのは大変難度が高いのです。

虫歯の予防措置は、歯を磨くのみではほとんど不可能で、大切なのは虫歯を起こす原因菌を取り去ることと、虫歯の病態の進行を阻止するという2つのポイントとなります。
歯の表にこびりついてしまった歯石と歯垢等の汚れを除去する処置を、一般的にデンタルクリーニングと呼びますが、先ほどの歯垢と歯石等は、痛い虫歯の誘発事項となる存在です。
きちんとした日常生活になるよう注意し、唾液からの復元作業にさらに拍車をかけることを見極めた上で、虫歯の予防ということについて考慮することが理想とされます。
診療機材などハードの側面においては、今の社会から望まれている、自宅を訪問する歯科診療の目的をこなすことのできるレベルには到達しているという事が言えるということです。
歯を半永久的に持続するには、PMTCがすごく重要であり、この方法が歯の処置の後の状態を長い間温存できるかどうかに、強く影響を与えるのも本当の事です。

針がついていないシリジェット(無針注射器)と様々なデンタルレーザー治療器を一緒に使って処置すると、虫歯も口内炎も、苦痛を滅多に味わうことなく治療をおこなうことが可能なのです。
唾液そのものは、口内のお掃除役と言われるくらいに重要な役目を果たしていますが、その大切な唾液が少なくなってしまうのですから、口腔内の臭気が気になるのは、当然のことだといえます。
嬉しいことにインプラントは、違和感がなく、食事も健康な歯のように楽しめます。また、この方法以外の治療方法に比較すると、あごの骨が徐々に痩せていくというようなという不安がありません。
口の匂いを気にして、市販のガムや洗浄液などを利用しているのだとすれば、歯垢を除去するケアをまず先に開始してみましょう。不愉快な口内の臭いが和らいでくると思います。
大人になっても永久歯は虫歯にかかりますが、乳歯はその性質上、永久歯に比べ耐酸性が低いので、歯磨きを続けないと、むし歯はあっさり大きくなります。